歯のホームホワイトニング方法

アメリカではホワイトニングが普及している

アメリカでは、昔から一般の人々でも、輝く白い歯や、整った歯ならびこそは、「ステータス」として尊重する文化があります。
そしてまた、70%以上の一般アメリカ人が、恋人、あるいは結婚相手の条件に美しい歯を挙げるともされています。

 

 

こうした風土ですから、アメリカでは歯のホワイトニングが広く普及しています。
みな、白く美しい歯を追求しているのです。
ホワイトニングは、訳せば「美白」とでもなるでしょうか。
日本はここ数年「美白ブーム」で、肌のお手入れにいそしむ方が増えていますが、歯だって美しくできるのです。

 

 

日本では、まだ美しい歯をステータスとする文化は定着していませんが、アメリカでは歯のホワイトニングを専門とする歯科医院も増えています。
健康で美しい、白い歯が尊ばれる社会で、ホワイトニングが注目されるのも当然です。

 

 

事実、アメリカ歯科医師科医でも、一般人に対してホワイトニングを推奨しています。
専用の歯磨き粉を使用してのホワイトニングをすすめるなど、白い歯に憧れる人々の後押しをしています。

 

 

また、自分でできるホワイトニングの道具が薬局で売られていることもあり、白い歯を手に入れるために、ホワイトニングは当たり前のことになっています。

 

 

一般人でこうなのですから、ファッション誌などで、ハリウッド芸能人などのセレブが笑顔とともに、こぼれるような白い歯をキラキラ光らせているのは当然のことです。
アメリカのテレビ番組やコマーシャルでも、多くの出演者は、白い歯をキラキラさせて、笑顔を見せています。

 

 

芸能人は肌がきれい。
そのうえ歯もきれいだな、と感じることはありませんか? それはおそらくホワイトニングした歯です。

 

 

他人に好印象を与えるキラキラした歯。
ホワイトニングは、健康な白い歯をもたらしてくれます。

ホワイトニングはアフターケアが大切である

ホワイトニングの効果は永久的なものではありません。
その直後は美しい白さが保てても、およそ半年で色が徐々に元に戻ってきます。
理想をいえば1年に1~2回、ホワイトニングを行うことがおすすめですが、ホワイトニング効果を長持ちさせるためにも、アフターケアをする必要があります。

 

 

虫歯を予防するためには歯磨きが大切ですが、ホワイトニングのアフターケアとしても、色素の沈着を防ぐ意味で、歯磨き、そして定期的なクリーニングが欠かせません。
また、ホワイトニング直後に食べてよい食物としては、ご飯・ パン・うどん、さらには白身魚・白菜・大根といったものが挙げられます。
あるいはホワイトクリーム・牛乳・水・白ワインといったものもよいでしょう。
これらは白色であったり、色が薄い食品です。

 

 

一方で、ホワイトニング直後には避けたい飲食物もあります。
赤ワイン・ブルーベリー・ブドウ・大豆・チョコレート・ココアなどポリフェノールが多く含まれる食品は口にしたくないところです。
コーラや烏龍茶、また紅茶もよくありません。
さらにケチャップ・醤油・ソース・ほうれん草・カレーといった色彩の濃い食品も、アフターケアの観点から避けた方がいいでしょう。
着色料が含まれている食品も同様です。

 

 

ホワイトニング直後は「ペクリル」というエナメル質を覆っている膜がはがれている状態なので、色素物質が歯の表面に侵入しやすくなっています。
こうしたときに色彩の濃い食物を摂取すると、せっかくきれいにした歯が、あっと言う間に再着色してしまいます。
喫煙したり、口紅を塗ったりするのも同様です。
ホワイトニングのアフターケアの意識を持つことが大切です。

 

 

ペクリルが再生するは12~24時間と考えられています。
その間、こうした色の濃い食物などは控えなければなりません。
アフターケアに努めて、ホワイトニングの効果をたしかなものにしましょう。

ホワイトニングとは

近年、芸能人などテレビで見ると歯が真っ白でとてもきれいという人が増えてきました。
芸能人だけではなく一般の人でも歯が白い人は増えてきたと思います。
これは「ホワイトニング」をしているからだと思います。
ホワイトニングというのは、歯の「クリーニング」とは違います。
歯のクリーニングというのは、歯の表面についている歯石や着色汚れなどを磨いたり削ったりすることで取り去り歯をきれいにする方法です。
これに対してホワイトニングというのは、歯の明るさを元々歯本来が持っている明るさへと戻して白くしていくものです。
ホワイトニングの方法としては、歯の表面にホワイトニング剤を塗って、そこへレーザーやハロゲンライト、あるいはプラズマライトなどを充てることで薬剤の働きを活性化させて歯の色素を分解します。
この方法が主流となる前は、歯を白くするためには、歯を削りセラミックをかぶせて歯を白く見せることしかできませんでした。
ホワイトニングは、元々の歯の白さを明るくしてきれいにしていこうというものです。
中には美容整形みたいなものだと勘違いをして、ホワイトニングに対して抵抗を示す人もいます。
昔のように歯を削りセラミックをかぶせる場合は、歯を整形していると考えるかもしれませんが、ホワイトニングは、歯を薬剤でケアして白くするだけなので肌を美白ケアするのと同じだと思います。

 

しかし気を付けなければいけないことは、ホワイトニングの効果については人により個人差があるということです。
この個人差はかなりあるため、同じように同じ薬剤で同じケアを受けた人でも、歯の白さにはかなり差がでてしまいます。
元々のその人の歯の色の濃さの違いや、着色性の食品を良く食べるなど嗜好の違い、病気のときに飲んだ風邪薬などが原因で色が濃くなってしまった人など様々です。
元々濃い人の場合、当然、元々色が薄く白い人よりも得られるホワイトニングの効果は低くなります。
さらにホワイトニングのケアは一度行えば一生効果が続くわけではありません。
定期的にメンテナンスを行わなければすぐに元の状態に戻ってしまいます。
何もケアをしないでいると半年くらいで着色しはじめて、2年も経てば元通りになってしまいます。
ホワイトニング効果を維持するためには、定期的にケアを続けていく必要があります。

 

最近は、ホワイトニング専門店、セルフホワイトニングなども流行っています。
料金が安いから試しやすいと利用する人も多いようです。
しかし実際には歯科医師や歯科衛生士の有資格者でなければ、口の中を触ってホワイトニングすることはできません。
ですから歯科医院のようにしっかりとしたホワイトニング効果の得られる薬剤を使うことはできないのです。
安いからと言って安易に飛びついてしまうと、大した効果も得られず時間とお金だけがかかってしまうことになるため注意しましょう。