歯のホームホワイトニング方法

ホワイトニング記事一覧

歯に関連する言葉で「PMTC」をご存じでしょうか。Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。歯科医師や歯科衛生士など、専門家が特殊な技術を使っておこなう歯の掃除です。渋いお茶や、煙草のヤニなどで、歯が着色している人や、口臭あるいは歯槽膿漏の心配のある人などには、受けていただきたい処置です。歯には...
詳細を見る
NITEホワイト・エクセルをご存じでしょうか。過酸化尿素が主成分のホワイトニング剤です。短期間で効果的なホワイトニングを実現する、アメリカで非常に高い評判を保っている方法です。過酸化尿素を主成分とするNITEホワイト・エクセルは歯に悪影響を与えることがありません。まれに歯に染みることがありますが、治療を中断すれば症状が緩和される安全なホワ...
詳細を見る
ホワイトストリップスをご存じでしょうか。歯のホワイトニングの一種です。一見柔らかい透明なシートですが、安全なジェルが塗ってあります。歯の表面を削らないで美しい歯を獲得できるホワイトニングです。やり方はこうです。シートの裏紙を静かにはがして、ジェルのついている側が歯に触れるようにして、歯と歯茎の間にシートの端がくるように調節し、前歯に貼って...
詳細を見る
歯のホワイトニングの一種、「ビヨンドシステム」をご存じですか。都道府県によってはまだ導入されていないところもありますが、今後は増えていくことが予想されるホワイトニング技術です。ビヨンドシステムはアメリカで開発された、最先端の技術を駆使したオフィスホワイトニングの方法です。ホームホワイトニングと異なり、カウンセリングや説明の時間を含めても1...
詳細を見る
「ズームホワイトニング」をご存じですか。薬剤を使用する歯のホワイトニング技術です。薬剤といっても3種類あり、それぞれ濃度16%、20%、25%に分かれています。高濃度ほどホワイトニングの効果が高くなりますが、1回の施術で十分に白くならないときには、ホームホワイトニングを併用することが原則です。ズームホワイトニング施術後48時間は、チョコレ...
詳細を見る
ホワイトニングを初めておこなうときは、ホワイトニングの知識や技術に長じた歯科医の指導を受ける必要があります。ホワイトニングが自分に合わない場合など、強い痛みが生じたり、十分に白くならなかったりするからです。体に関することですから、やはり安全性は何よりも重要です。また安全性のみならず治療費が気になる人も多いでしょう。安全性も治療費も、いずれ...
詳細を見る
ホワイトニングは、誰にでもできるわけではありません。人によっては、ホワイトニングを行えない場合があります。原則的に、妊婦に対してはホワイトニングは行えないことになっています。胎児へのホワイトニングの影響がゼロであるというデータが存在しないからですが、ただし妊婦さんにオフィスホワイトニングを施術して問題が起きたという報告がないこともまた事実...
詳細を見る
「オールセラミックスクラウン」をご存じですか? まったく金属を使用していない差し歯です。プラスチックの人口歯やセラミックスの差し歯は、ホワイトニングをしても白くならず、人口歯の色よりももっと白くしたいとなったら、差し歯をやり変える必要がありましたが、最近の技術の進歩は、金属を使用しないので歯茎が黒ずむことのない、見栄えの非常によい差し歯を...
詳細を見る
「ホワイトニング歯磨き粉」をご存じですか? 1本1000円~3000円ほどする、ホワイトニングのアフターケア用の歯磨き粉です。「ホワイトニング歯磨き粉」などと聞くと、これで歯を磨けばホワイトニングと同じ効果があるように思ってしまいますが、元来ホワイトニングした後に、元に戻らないようにするのが目的ですので、それほど目覚ましいな効果があるわけ...
詳細を見る
「ウォーキングブリーチ」といっても、初めて聞く方がほとんどだと思います。名前だけ聞いてもなんのことだかわかりませんが、かつては歯を白くする方法の中では唯一、保険が適用されていたというものです。しかし2006年度の保険改正で、保険が適用されなりました。ウォーキングブリーチの方法は以下の通りです。歯の神経をとった後、ホワイトニング剤を歯の中に...
詳細を見る
歯のホワイトニングに関心のある方ならば、歯磨き方法に注意を払うことも多いでしょう。日本人ならば大部分の方が、1日のうちに何回かは歯を磨いていると思います。日々の歯磨きは虫歯の予防として大切であることはいうまでもありません。ただし、自己流の歯磨き方法では不安です。しっかりした歯磨き方法で磨けているかどうか不安ならば、歯科医院でチェックしても...
詳細を見る
白い歯は健康的で美しい。そのため、多くの人がホワイトニングをして歯を白くしています。同様に、歯肉もホワイトニングをして白くできることをご存じですか。次のような方に、歯肉のホワイトニングはおすすめです。・歯肉が黒くなってしまった。健康な、ピンクの歯肉を取り戻したい。・パーティーや結婚式が間近に迫っている。・お見合いが近い、あるいは成人式が近...
詳細を見る
美しい歯を手に入れるためのホワイトニング。美を追求するのは心踊ることですが、大切なのはよき専門家を選ぶこと。ホワイトニングでいうならば、歯科選びで適切な判断をすることが、成功のポイントです。ではどんな歯科医がいいのでしょう?以下にそのポイントを挙げてみました。こうした基準に沿って歯科選びをするならば、まずまず安心できるはずです。ホワイトニ...
詳細を見る
歯を美しくすると称する製品は数々売られています。研磨剤やペーストといったものですが、そうした言わば「ホワイトニンググッズ」は、説明書の注意点をよく読んで、その通りに使用することが絶対条件です。よく注意点を読まず、恣意的な使い方をして歯を壊しては元も子もありません。こうしたホワイトニンググッズを使うなとはいえませんが、適切に使用してこそ、美...
詳細を見る
「リーチホワイトニング」をご存じですか? 効果的にステイン(着色汚れ)を落す、2種類のホワイトニング機能を備えた歯ブラシです。一つ目の機能は「ステインリムーバー」。歯磨きをするたびにステインを自然に除去するというものです。二つ目の機能は「ホワイトニングパッド」。円形に優しく磨き、歯並びの悪いところや歯の間に先端についているパッドが入り、掃...
詳細を見る
「settima(セッチマ)」はサンスターで販売されているケア歯磨き。通常の歯磨きよりも汚れを除去する力が強く、歯垢や煙草のヤニといったものもきれいに除去するという、「広く美しい歯を手に入れたい!」という多くの人望みをかなえるホワイトニング効果抜群の商品です。「settima」の「セッチマホワイトニングハミガキ」には「デイリータイプ」と「...
詳細を見る
歯の白さを強調するのがホワイトニングという技術。しかし、そうした方法に頼らず、メイク術を工夫するだけでも歯を白く見せることができるものです。歯を覆っているのは、いうまでもなく唇。口紅の色は歯の色の印象に、大きく影響してきます。ホワイトニングをおこなうことなく歯を白く見せたいのであるならば、口紅の色に注意しなければなりません。ポイントは「明...
詳細を見る
歯のホワイトニングやインプラントなど、審美歯科治療には、保険が適用されず、高額な治療費を、支払う必要が生じます。そこが歯科医院で受ける普通の虫歯の治療などと違うところです。しかし治療費を一度に全額払う必要はありません。分割払いが認められているので、ホワイトニングの治療費でも、「クレジットカード」や「デンタルローン」など、いくつかある方法か...
詳細を見る
インターネット全盛のいまでも、しっかりした情報がほしいときはやはり本、という人も多いでしょう。歯のホワイトニングに関する本も何冊か出ていますから、ご参考にされるとよいかと思います。坪田健嗣「眠っている間に歯は白くできる!」(ロングセラーズ出版)――自宅で、眠っている間にできるホームホワイトニング。その最新治療法に関して書かれた本です。のみ...
詳細を見る