歯周病の特徴

歯周病とは歯の周りに歯垢が溜まり、これによって歯茎のトラブルが発生する症状です。
毎日歯磨きをしている場合でも、適切な磨き方をしていなければ歯周病になります。
つまり、毎日の歯磨きがポイントなのです。
子どもの時から毎日歯磨きをしましょうと教えられている人でも、歯周病になってしまうことが少なくありません。
歯周病になると具体的にはどのような症状でしょうか。
歯茎が赤く腫れたり血が出たりすることが一番典型的でしょう。
味覚が過敏になることもあります。
また、口臭がひどくなるのも歯周病によくあることです。
家族から口が臭いと指摘されて初めて知ることもあるでしょう。
歯磨きを毎日やっていても、きちんと磨けていない場合は歯周病になってしまいます。
自分はしっかりと磨いていると思っていても、意外と歯垢が撮れていないことが少なくありません。
歯周病は進行することによって、歯垢に溜まったバクテリアが血管内に流れ込んで体全体に影響することもあります。
歯が痛いと言うトラブルは身近な症状ですが、重大なことになる可能性があることを認識しておかなければなりません。
もちろん、歯周病の予防は歯磨きをしっかりとすることです。
そのためには歯ブラシを選び、歯磨き粉を選ぶことが重要なのです。
しかし、自分に合った歯ブラシを選ぶことは簡単ではありません。
自分では口の中が見えないために、きれいに磨いているつもりになっているだけなのです。
定期的に歯科医で点検してもらうことも重要です。

 

 

 

歯周病は歯の隙間や歯茎に着いた汚れにバクテリアが繁殖してしまう状態です。
ねっとりとした歯茎の汚れは口臭の原因となります。
歯が臭いと人から言われたならば、歯周病を疑うことが一般的でしょう。
まずは、歯医者さんに行って、歯茎の状態を診てもらうことから始めてください。
かなり汚れている場合は、治療の前に歯垢除去から始めることになるはずです。
子どもの時は虫歯の治療をしていたかもしれませんが、現代の歯科医では歯磨きの方法も教えてくれますし、歯周病の原因となる歯垢をしっかりと取り除いてくれるのです。
あなたの口の臭いはどうでしょうか。
歯が臭いと指摘されたことがあるなら、まずは歯磨きから始めましょう。
歯磨きの方法は歯科医でも指導してくれますし、インターネットなどでも情報を見ることができます。
ただ、自分でしっかりとやっているつもりでも、意外と汚れの残りがあります。
ブラッシングの指導を受けて、自分の歯並びに合わせて確実に磨くようにしてください。
毎日歯磨きをしていれば、次第にうまくなります。
短時間できれいに磨くのは難しいですから、こまめに何度も磨くことをおすすめします。
会社などでは昼休みに歯磨きをしている人もいます。
その効果がどの程度あるかはわかりませんが、やらないよりも歯周病になりにくくなることは間違いないでしょう。
一般的には夜の睡眠中に歯周病は進行すると言われています。
口を閉じているため、バクテリアが繁殖しやすくなるのです。