歯周病の原因

歯周病の原因は歯に付着した汚れが溜まるためです。
汚れのことを一般的には歯垢やプラークと言いますが、そこにバクテリアが繁殖するのです。
放置しておけばバクテリアはどんどん繁殖していきます。
これが口臭の原因となり虫歯を作ることになります。
歯の汚れを落とすことで歯周病をある程度防ぐことはできますが、歯茎のブラッシングも重要です。
歯ブラシや歯磨き粉のメーカーのホームページを見たり、歯科医での説明を聞いたりすれば、具体的にどのような歯磨きをすればいいのかはわかります。
しかし、それでも歯科医に通う人は減少しないのです。
その理由を考えなければなりません。
理由は簡単です。
正しい歯磨きができないからです。
説明されても、自分の目で確かめることができます。
口の中が見えないからです。
歯科医で歯垢が溜まっていますねと指摘されることが少なくありません。
自分ではしっかり磨いているつもりなのです。
もちろん、毎日歯磨きをしている人はある程度まではムラなく磨くことができるようになります。
何もしていない人と比べると一目瞭然なのです。
しかし、磨いた後を確認できないため、十分にやっているかを判断できないのです。
歯磨き後の歯垢の状態を見ることができるようになれば、誰でも確実な歯磨きができるようになります。
そのためのカメラも販売されていますが、残念ながら個人で購入できる価格帯ではありません。
歯科医でも備えているところはごくわずかでしょう
いずれにしても、歯周病の原因を除去することがポイントです。