歯ブラシの形

歯ブラシの形は歯周病予防に大きく関係しています。
奥歯と前歯を磨く時に歯ブラシの形を変えることが理想的です。
歯磨きを毎日やっている人でも、歯周病になることがあります。
それは適切な磨き方をしていないからです。
適切な磨き方について考えてみましょう。
常に磨き方を意識することによって歯周病にならない歯を作ることができます。
歯磨きをする時は磨く順番を決めておきましょう。
磨きの腰がないようにするためです。
もちろん、どこから磨いてもかまいません。
歯ブラシは歯と歯肉の境目に45度の角度で当てます。
歯肉の隙間をかきだすイメージです。
歯の1本ずつを丁寧に磨くよう意識してください。
カーブの部分では歯ブラシをしっかりと押し当てます。
前歯は横磨きの後に縦磨きをしましょう。
犬歯の部分は隣の歯との隙間がありますから、丁寧に磨くことを意識しましょう。
ゴシゴシと強く磨くのではなく、丁寧に優しく磨いてください。
必要以上に力を入れてはいけません。
毎日何気なくやっている歯磨きでも、実は奥が深いと言うことをしっかりと意識しましょう。
幅広の歯ブラシと先端がとがった歯ブラシを上手に使い分けてください。
歯と歯ブラシの位置関係を意識するのです。
1日に何度も磨く必要はありません。
1回でも確実にやっておけばいいだけなのです。
その日の汚れを取り除くことができれば、それで十分でしょう。
自分が磨いている方法に間違いがないかを確認してください。
これで歯周病とはおさらばです。