歯周病とデンタルフロス

デンタルフロスとは歯垢を取り除くための糸のことです。
歯科医で歯を磨いてもらう時には必ずやってもらうはずです。
ただ、これを自分でやる人はあまり多くありません。
面倒だと思ってしまうからです。
歯科医も自宅で歯磨きをしますが、ほとんどの人はデンタルフロスを使用しています。
それだけ歯周病予防の効果が高いと考えられるからです。
歯周病予防のための歯磨きの一つとしてデンタルフロスを使用するのです。
実に歯垢除去率が8割もアップすると言われています。
歯ブラシだけの場合は6割ですから、その差は決して無視できません。
ただ、歯ブラシを使った歯磨きでは4割の歯垢が残っていることに驚きましょう。
自分でどれだけきれいにしたと思っても、定期的に歯科医でチェックしてもらうことが大切です。
デンタルフロスは歯と歯の間に入れます。
この時に引っ掛かりを感じたり、デンタルフロスが入らかったりした場合には被せ物がずれている可能性が高いでしょう。
長年経過した歯は少しずつひずんでいくのです。
歯周病予防は口臭予防にもつながります。
口が臭いと指摘されたら、歯周病予防をすればいいのです。
口臭対策だけをすることは意味がありません。
デンタルフロスによって除去された歯垢はうがいで吐き出してください。
デンタルフロスの使い方も歯科医で教えてもらうことができます。
いろいろな道具を使用することで歯磨きだけで取れない汚れを取り除き、確実な歯周病予防となるのです。