歯周病と口臭

歯周病は進行しても痛みを感じません。
そのために高齢者の多くが歯周病となってしまうのです。
毎日の歯磨きを確実に行っていれば、歯周病を予防することができます。
ただ、100%ではありませんから、定期的に歯科医に通うことになるのです。
歯周病は痛みを感じない代わり、口臭の原因となりひどい場合は自分でもわかるようになります。
家族などから口臭について指摘されたなら、歯周病を疑うべきでしょう。
歯科医でチェックしてもらうのです。
歯磨きをしているから大丈夫だと思っていても、意外と口臭は気づかないものです。
歯間ブラシで歯の間を掃除してください。
その時に血が出るようならば、歯周病の前段階である歯肉炎になっている可能性があります。
その日の食事の汚れを取り除くことは当然ですが、すでに固まってしまっている歯垢もできるだけ取り除きましょう。
歯磨きでは強く擦るのではなく、歯茎の隙間からごみをかきだす要領で行ってください。
いろいろなところで正しい歯磨きの方法を教えてもらうことができます。
すぐにその通りにはできませんが、毎日意識することが重要です。
口臭を抑えるためにミント味の歯磨き粉などを使用する人もいますが、それは根本的な解決にはなりません。
何となく磨いた気になってしまうのです。
口内のバクテリアを除去するために歯磨き後のうがい薬も販売されています。
これによって口臭を押さえると同時に歯周病予防ができます。
いろいろな方法で歯の健康を維持することが重要なのです。