歯周病とは、歯垢ことプラークの中にいる歯周病菌が歯茎やあごの骨にある歯周組織へ作用して炎症を起こす病気です。初期の頃は自覚症状があまりないため、歯周病の症状が進行していることにあまり気がつくことはなく、重症化させてしまうことが多いです。初期症状としては、歯茎が腫れたり、歯茎から出血したりします。これが進行すると、あごの骨がやせてしまい歯を支えることができなくなり、歯がグラグラに、そして最後には抜け...

それでは具体的に歯周病の症状を見ていきましょう。進行段階によってどのような症状が現れるのか説明していきます。初期段階では、まず「歯肉炎」を起こします。具体的な症状としては、歯茎の腫れ、歯茎からの出血などがあります。歯肉炎の進行段階は次に、軽度の歯周炎から、中度の歯周炎、そして重度の歯周炎となっています。「軽度歯周炎」では、歯周ポケットが初期のころよりも徐々に深くなってきて、歯茎の炎症も進んで、腫れ...

具体的に歯周病治療について見ていきましょう。まず歯周病の前段階、歯肉炎では、歯科医院へ行きメンテナンスをしてもらうこと、そして適切なブラッシングで毎日ホームケアすることが大切です。この段階では歯周ポケットも浅くて、あごの骨にも影響がないので、プラークをしっかり取り去っていけば感知させることができると思います。軽度歯周病治療としては、歯科医院で専門の器具を使い歯周ポケットへ溜まったプラークなどをしっ...

基本的な歯周病治療となるプラークコントロールなど以外にその他の歯周病治療の方法を紹介します。歯に詰め物や被せ物がしてある場合には、それらを修正することで治療することもあります。詰め物などが歯にうまく合っていなければ、そこにプラークが付きやすくなるからです。また歯磨きだけでは磨き残しがでてしまう可能性も高くなるので、まずは歯科医院で歯の状態をチェックして、詰め物、被せ物が合っていなければ修正するのが...

歯周病は放置するととても怖い病気であることがわかりました。適切な歯周病治療を早期の段階で行い、大切な歯を守らなければいけません。そこで大切になってくるのが、歯科医院、つまり歯医者さんの選び方です。すべての歯医者さんが同じスキルや知識を持っているわけではありません。歯周病治療に関しての考え方、治療方法も医師によって異なります。特に歯周病治療の場合には、虫歯治療に比べて歯医者さんの技術力が大きく影響し...

歯周病治療が手遅れになり歯を失ってしまう患者さんが多いそうです。歯周病は早期に歯科医院へ行き適切な治療を受ければ症状を改善、あるいは完治させることができる病気です。歯を失くしてから後悔しても遅いのです。治療に来るのが遅れてしまった人に聞くと、来なかった理由の一番は「痛いのが嫌だったから」というものでした。誰でも痛いのは嫌です。しかしながら歯周病治療では100%痛くない治療を行うことはできません。検...

どのような流れで治療が行われていくのか、進行度別に紹介していきます。<軽度歯周病治療の流れ>初回は歯周病検査を行い、歯磨き指導があり、そして表面の歯石を取ります。検査は「歯周ポケット検査」、「レントゲン検査」、「歯の動揺度検査」です。歯周ポケット検査では、ものさしのような道具を使って歯周ポケットの深さを測ります。毎回測ることで症状の改善具合をみていきます。レントゲン検査では、骨がどれくらい溶けてし...

重度の歯周病治療の場合には、外科治療が行われることもあります。歯がぐらつくような重度の歯周病では、歯周ポケットは広くて深くなっています。そのため奥深い部分にまで歯石がこびりついてしまっている状態です。歯周病治療の外科手術にはいくつか方法があります。代表的なものに「フラップ手術」といって、歯茎を切開して歯周ポケットの深い部分まで入り込んでしまったプラーク、歯石などを取り去る方法があります。フラップ手...

歯周病は骨を溶かしてしまう怖い病気です。歯周病治療には、溶けてしまった骨や歯を再生する方法もあります。重度の歯周病治療のところでも紹介しましたが、さらに詳しく紹介したいと思います。1つ注意していただきたいのは、骨の再生は個人差がかなりあるということです。ぐらつく歯をしっかりと静止する状態へ回復させることが絶対にできるという保証はありません。骨の溶け具合によっても再生のしやすさは変わってきます。骨が...

医療技術の進歩によって、歯周病治療も進化してきました。近年は、マウスピースを使い歯周病菌を殺菌するという「3DS除菌療法」という治療法が行われるようになりました。歯型に合った専用のマウスピースを作り、そこへ除菌作用をもたらす薬剤を入れてそれをはめることで浸透させていくというものです。しかしこの歯周病治療法はあくまでもセルフケアのブラッシングが正しく行われていることが大前提となってきます。正しいブラ...

口内に悪い細菌がいるのならば、善玉菌を増やして悪い細菌を追い出そうという治療法が「プロバイオティクス」です。これは歯周病治療だけではなく、他の病気に関しても行われるもので、善玉菌を体内に住まわせて悪い菌を追い出してしまおうという方法のことを言います。善玉菌といっても体の中に菌を入れるのは不安なものです。しかしこの善玉菌、乳酸菌、母乳にも入っているロイテリ菌など、体の中に増やしても安全な菌なので安心...

多くの人が歯周病治療を開始するにあたり気になるのが、治るまでにどれくらいの期間がかかるのか、あとはどれくらいの費用がかかるのかということだと思います。歯周病治療では、進行の度合いや個々の口腔内の環境によっても治療期間は異なってきますが、およその目安期間と費用について説明したいと思います。初期段階の歯周病治療の場合。骨が少し下がり始めているときで、20代~40代の人に多い症状です。この段階での歯周病...

サンスターから発売されている「G・U・MメディカルペーストEX」。歯周病治療というか自宅でのケア用品として開発された商品です。サンスターは、「お口の健康」で知られる有名な会社です。70年以上もサンスターでは、様々なお口の健康に関する商品を発売してきました。そんなサンスターが今回人気のG・U・Mシリーズで「医薬品」を発売したのです。それが歯周病の様々な症状を緩和することができる「G・U・Mメディカル...

毎日のブラッシングは、歯周病予防においても歯周病治療中の自宅ケアにおいてもとても重要なことです。ドラッグストアやスーパーなどの歯磨き粉売り場へ行くと、様々な症状に対応した歯磨き粉が売られています。歯周病と書かれているものを選べばそれでいいというわけではありません。歯周病治療をしたいのか、歯周病を予防したいのかによっても選ぶものは違ってきます。ここでは歯周病の症状によって選ぶといいおすすめの歯磨き粉...

歯周病を治すには、原因となる細菌を口の中からなくしてしまえばいいのです。そのために効果的なこと、それはやはり毎日のブラッシングです。すでに歯周病になってしまった人も、歯周病治療をした後、再び歯周病にならないように予防していかなければいけません。自分でできる歯周病対策、それは少しでも完璧に近い歯磨きをすることです。それには歯ブラシを使うだけでは限界があります。歯ブラシで歯磨きをした後に、「デンタルフ...