歯周病とは

歯周病とは、歯垢ことプラークの中にいる歯周病菌が歯茎やあごの骨にある歯周組織へ作用して炎症を起こす病気です。
初期の頃は自覚症状があまりないため、歯周病の症状が進行していることにあまり気がつくことはなく、重症化させてしまうことが多いです。
初期症状としては、歯茎が腫れたり、歯茎から出血したりします。
これが進行すると、あごの骨がやせてしまい歯を支えることができなくなり、歯がグラグラに、そして最後には抜けてしまいます。
さらに歯周病が悪化してしまうと他の病気も併発することがあります。
歯周病菌が血液によって体全体へ運ばれて、体内の臓器に様々な疾患をおこします。
糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、骨粗しょう症、腎炎、関節炎など様々な病気のリスクが高くなります。
歯周病治療は初期の段階で早めに行う必要があります。
また歯が抜けてなくなってしまっては何も食べることができなくなってしまいます。
日本人が歯を失くしてしまう理由の第一位が歯周病と言われていて、歯を失くした人の4割を占めています。
調査によると30歳以上の日本人の8割以上もの人が歯周病、あるいは予備軍となっています。
自分は関係ないと思わずに、少しでも自覚症状のある人は早急に歯周病治療を行った方がいいと思います。

 

歯周病を予防するためにはどうしたらいいのか。
単純な話です。
歯周病の原因が口内にあるプラークということならば、歯磨きをして取り去ればいいのです。
毎日歯磨きをすることがとても大切ということです。
しかしながら、歯磨きだけでは完璧ではありません。
歯ブラシで磨くだけでは、プラークを完全に取り去ることはできないのです。
歯並びが悪い箇所や、奥歯などどうしても磨き残し、磨きにくい場所ができてしまいます。
このような弱点を解消するのが、「デンタルフロス」、「歯間ブラシ」などの活用です。
歯ブラシだけでは磨けない場所をこれらで補って磨き残しのないようにすることが大切です。
しかしこれでも100%プラークを取り去ることはできません。
自分の力だけではこれが限界だと思います。
あとは、プロの力を借りましょう。
定期的に歯科医院へ行き、歯周ポケットの中のプラークまで確実に取ってきれいにしましょう。
ここまでして歯周病の予防ができたことになります。