プロバイオティクス

口内に悪い細菌がいるのならば、善玉菌を増やして悪い細菌を追い出そうという治療法が「プロバイオティクス」です。
これは歯周病治療だけではなく、他の病気に関しても行われるもので、善玉菌を体内に住まわせて悪い菌を追い出してしまおうという方法のことを言います。
善玉菌といっても体の中に菌を入れるのは不安なものです。
しかしこの善玉菌、乳酸菌、母乳にも入っているロイテリ菌など、体の中に増やしても安全な菌なので安心です。
歯周病治療では薬剤治療もありますが、それと違う点は、薬剤治療では抗生物質を服用して、悪い細菌をやっつけます。
このプロバイオティクスは、悪い細菌をやっつけるわけではなく、良い細菌を増やしていくというものです。
歯科医院で処方してもらうこともできますが、ドラッグストアなどでも市販品が販売されていますので、手軽に入手して利用することができます。

 

舐めるだけで口内環境を改善して、歯周病予防にもなるそうです。
歯周病を治すことができるわけではありませんので、歯周病治療薬というわけではありませんが、口臭が気にならなくなるとか、朝起きたときの口の中のねばねばとした感じがなくなるといった症状は改善されます。
ブラッシングをしてプラークを取り去ることはもちろんですが、同時に善玉菌を増やして口の中の歯周病菌を減らしておけばさらに快適な口内環境を作ることができると思います。
例えばライオンから市販されている「オーラルヘルスタブレット」という商品があります。
1日に3粒タブレットを舐めるだけという手軽な食品です。
1gの中に3億個もの生きた乳酸菌が入っているタブレットで、体内に元々いる善玉菌を増やして体の健康を維持する働きをもたらします。
1日あたり3粒が目安摂取量となっています。
クリーンミント味なので口の中もさっぱりとします。
実際に愛用している人の口コミでは寝る前に舐めておくと、翌朝口の中がすっきりとしていて快適だそうです。
「オーラルヘルスタブレット」は、30粒入りで定価700円となっています。
歯周病予防としても、現在歯周病治療を行っている人が口内環境を整えるためにもおすすめの商品です。

 

他にも飲むタイプではなく、口の中に入れてすすぐだけで歯周病予防ができる商品があります。
紀陽除虫菊から発売されている「クチュッペL-8020」です。
乳酸菌が入ったマウスウォッシュで、虫歯の原因菌を抑制したり、歯周病菌を抑制したり、カンジタ菌を抑制したりして口内環境を整えることができます。
歯磨きのあとに口の中に10ml含んで20秒から30秒間くちゅくちゅとすすいで吐き出せば完了です。
L-8020菌という乳酸菌が入っているのですが、これはテレビ番組の中でも紹介されています。
口内に常在する悪い菌を抑制できる効果があるとのことで、これを含む商品は他にも発売されています。
「クチュッペL-8020」は定価1,000円となっています。
ドラッグストアなどでは600円ほどで買えます。