薬物で歯が変色する

薬物で歯が変色する

「テトラサイクリン」という薬物をご存じですか? 抗生剤の一種ですが、服用すると色素が歯の象牙質に沈着して、歯の色が変色してしまうことがあり、注意を要するものです。
乳児から7歳くらいの間に、永久歯に象牙質ができてくるのですが、この間にテトラサイクリンを長期間服用すると、永久歯が出てきたときに、相当に濃い色だったり、縞模様だったりします。
どの薬物を飲んだかによって、色はオレンジだったりグレーだったり、あるいは茶色だったりします。
あまり強く変色した場合、ホワイトニングだけでは歯を白くするのが困難なこともあるので、気をつけなければなりません。

 

 

他にも薬物の害はあります。
エナメル質ができてくる時期に、フッ素を大量に摂ると、歯に茶褐色の部分ができたり、白い斑点ができたりすることがあります。
斑点の場合、変色が軽い場合はホワイトニングをすれば改善することもありますが、変色が強いと反対にホワイトニングをすると目立ってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

 

薬物で歯が変色したとき、どうすればいいのでしょう。
以下にその方法を挙げてみます。

 

 

ホワイトニング――もしグレーの縞模様ができたりすると、色を薄くして目立たないようにすることはできます。
しかし、完璧に消すのは難しいでしょう。

 

 

ラミネートベニア――ホワイトニングでも効果がないとき、ラミネートベニアならば縞模様を見えなくすることが可能です。

 

 

ラミネートベニアは非常に薄いので、ラミネートベニアを行う前に、下地になる歯をホワイトニングすることをおすすめします。
より美しい歯ができあがることでしょう。

薬物で歯が変色する