歯周病の原因 細菌

軽い症状の時には痛み等もほとんどなく、歯茎からの出血といった具合に、あまり気にも留めない症状の歯周病ですが、そのままほったらかしにしておくと、どんどんと知らない内に症状は悪化していきます。そして、最悪の場合には歯を失ってしまい、他の器官にまで影響を及ぼし、心臓疾患等のリスクを高めてしまいます。
●歯周病の原因●
そんな歯周病ですが、直接的な原因として挙げられるのが、歯垢、またはプラークと呼ばれる細菌になります。
最近は、プラークという言葉が雑誌やテレビでも聞かれるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、プラークというのは、歯に付いている黄色みがかった白色の粘り気のある軟性の付着物の事をいいます。
これは、毎日行う歯磨きのブラッシングが不十分になってくると、口の中でプラークが溜まっていきます。そしてプラークが溜まった事で、どんどんと増殖した歯周病菌が毒素を出します。この毒素によって歯茎が侵される事により、歯周病は発症し、病状が悪化していくのです。
そしてこのプラークというのは、別名『バイオフィルム』とも呼ばれており、歯に頑固にくっ付いているだけではありません。実は様々な細菌が寄り集まってバリアを形成するのです。
このバリアを形成されてしまうと、うがい薬であったり、マウスウォッシュであっても除去していく事は不可能になっていきます。
ですので、日常的に口腔内にプラークがない状態、清潔な状態にしておく事が大切です。

歯周病の原因 歯石

皆さん、歯石をご存知でしょうか。
歯石というのは、唾液の中にあるカルシウム等の成分が、プラークに付着し定着する事で、石灰化。硬くなってしまったものを言います。
これは死んだ細菌の塊ですので、歯石自体が直接的に歯周病の原因になる訳ではありません。
けれど歯石というのは、表面を見るとザラザラとしていたり、凸凹とした形状をしています。よって、プラークが付着する確率は、普通の健康的な歯の状態と比較すると、プラークが絶対的に付着してしまうという事になります。
こうした事から、歯周病の原因はプラークですので、このプラークを付着させてしまう状態=歯石という存在は、歯周病のリスクを高めてしまう要因といえるのです。
たかが歯石と放っておく事なかれ。
歯周病の発症や進行を抑制する為には、この歯石もプラークと共に口腔内から取り除いていく事も、とても大事な対策方法といえます。
ですが、このプラークと歯石のみでは十分な対策方法とはいえません。この他にも、歯周病になる原因があるのです。
もちろん、直接的な原因として挙げられるのは、プラーク(歯垢)なのですが、間接的に原因として関わってくるものが、実はあるのです。
それが、環境因子と宿主因子、そして生体因子です。この間接的な原因と共に対策していく事が、歯周病の発症を抑えたり、病状の進行を防いでいってくれる事に繋がります。
それらは別記事にて、詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

歯周病の原因 増殖

『歯周病の原因【細菌】』の記事にて解説しましたが、歯周病の原因であるプラークは、増殖する事によって、様々な細菌が寄り集まりバリアを形成してしまいます。ここまできてしまうと、うがい薬やマウスウォッシュを使っても、バリアを除去していく事が中々困難になってしまいます。
ですので、歯周病がひどくならない為には、口の中にプラークの存在がない状態にしておく事が大切という事です。
ですがプラークは、誰の口にも多かれ少なかれ存在する細菌です。完全除去する事は不可能です。
ですので、歯周病の最大の原因として考えていかなければならないのは、このプラークが増殖してしまいやすい口の中の環境を作ってしまう事といえます。
この口腔内の環境を改善していくには、日々のブラッシングに加えて、定期的に歯科医院で口腔内のメンテナンスを受けていく事が必要不可欠になります。
歯科医院に定期的に通っている方は以外にも少なく、知らずのうちに歯周病が悪化してしまう事もあります。
ですが、プラークの除去というのは、家庭内だけでの対策では不十分なケースが多いのです。自分ではしっかりと磨けていて、プラークを除去できていると思っていても、実際には間違ったブラッシングをしていた…という事もよく聞かれます。
このような方の場合には、口腔内に発生した歯周病菌はどんどんと増殖してしまい、歯周病を発症、そして病状が進行しやすくなってしまうという悪循環に陥ってしまう事になりますので、注意していきましょう。