給料ファクタリングの利用は手数料の安いアットファクター!

 

急に現金が必要になった場合でも、
給料日まで時間がある場合には、
資金を工面するのに悩んでしまうものです。

 

給料ファクタリングであれば、
運転免許などの簡潔な身分証明書類と、
給与を得ている証明書類さえあれば、
すぐに現金を手に入れることができます。

 

金融機関からの借り入れの場合には、
審査に時間を要したり、
審査に必要となる担保や保証人の準備に手間取ったりするのが普通です。

 

融資申請に必要なものが揃ったとしても、
審査に一週間も掛かってしまっては、
必要なタイミングで資金を得ることはできないでしょう。

 

アットファクターであれば、急に明日お金が必要になっても、
スピーディに進められるので、最短で当日の振り込みも可能です。

 

 

急に現金が必要になった場合でも、
給料日まで時間がある場合には、
資金を工面するのに悩んでしまうものです。

 

給料ファクタリングであれば、
運転免許などの簡潔な身分証明書類と、
給与を得ている証明書類さえあれば、
すぐに現金を手に入れることができます。

 

金融機関からの借り入れの場合には、
審査に時間を要したり、
審査に必要となる担保や保証人の準備に手間取ったりするのが普通です。

 

融資申請に必要なものが揃ったとしても、
審査に一週間も掛かってしまっては、
必要なタイミングで資金を得ることはできないでしょう。

 

アットファクターであれば、急に明日お金が必要になっても、
スピーディに進められるので、最短で当日の振り込みも可能です。

給料ファクタリングを展開するアットファクターは安全性の高い会社

 

企業などが保有している売掛債権を買い取って、
管理や回収を行う金融サービスを、ファクタリングといいます。

 

ファクタリングの対象となる金融商品には様々なものがありますが、
中でも、個人が企業からもらう給料を売掛債権として
資金調達するための金融サービスとして、
近年給料ファクタリングが注目されています。

 

企業で働くと、月ごとに給与という形でお金がもらえますが、
決まった日付に指定された金額が
銀行口座へ振り込まれる仕組みとなっているのが一般的です。

 

 

給料ファクタリングの場合、振り込まれる金額が決定した時点で、
サービスを展開している会社が依頼者の給与金額自体を売掛債権として扱い、
買い取ります。

 

この金融サービスを利用できる対象者は、
会社経営者の他、一般企業に務める従業員などです。

 

メリットとしては、給料の前借りのように会社からの支払日を待たずして、
必要な時に現金を受け取れる点が挙げられます。

 

また、消費者金融と違って、月々の返済が必要ない上、
信用情報に載らないため借金等による
任意整理を受けている人でも利用できるといったこともメリットです。

 

 

 

給料ファクタリングの金融サービスを展開している会社に
、アットファクターがあります。

 

一般企業に務めている人なら、正社員を始めアルバイトや派遣社員でも、
この会社の金融サービスが利用できます。

 

対象となる支給予定の給与額のうち、
20から40パーセント分が買取手数料としてかかりますが、
事務手数料などは含まれていない点が特徴です。

 

また、初めて給料ファクタリングを利用する場合、
給与総額のうち1万から5万円の間が売掛債権の対象となります。

 

アットファクターでは、
務めている会社から実際に給与が支払われているかどうかを確認するため、
在籍確認が行われます。

 

 

その際、勤務先の会社が給与を債権として認め、
譲渡の可否も合わせて確認した上で、
名刺や社員証などによりサービスを利用するための本人確認がなされます。

 

このように、電話以外での在籍確認を積極的に行っている点からも、
アクトファクターは安全性の高い会社と言えます。

給料ファクタリング会社のアットファクターの口コミを紹介

 

 

給料ファクタリングとは支払われる予定の給与を入金前に現金化するサービスです。

 

毎月の給与を給与債権としてファクタリング会社に買い取ってもらうことで、
給料日より前に現金を入手できます。

 

給料ファクタリングは売買契約によって行われるので信用情報の審査が行われず、
金融機関で借り入れができない方でも利用可能です。

 

利息も発生しませんが、
手数料として給与の数パーセントをファクタリング会社に支払います。

 

急な出費が出てしまった場合、
消費者金融の利用を考えるかもしれませんが、
給料ファクタリングによって現金を手にする方法もあるのです。

 

 

アットファクターは2社間ファクタリングを行っている会社です。

 

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の間で行う取引です。
勤め先の会社にファクタリングの同意を得る必要がなく、
会社にばれてしまう心配がありません。

 

申込時には身分証明書と健康保険証と共に、
2ヶ月分の給与入金の履歴を提出することが求められます。

 

一般的なファクタリング会社は3ヶ月分の給与履歴を求められるケースが多く、
働き始めの方でも利用しやすいのが特徴です。

 

また、申し込みから契約までWeb上で完結するメリットもあります。
来店する手間がなく自宅から契約できるので、手軽に利用可能です。

 

 

アットファクターの評判としては、在籍確認の方法が柔軟といった口コミが見られます。

 

勤め先への電話以外にも、
顔写真付きの社員証を撮影して提出する方法でも在籍確認を行えます。

 

在宅勤務の方や周囲にばれたくないという方にとっては嬉しいでしょう。
また、土曜日も入金対応している点をメリットに感じる評判も見られました。

 

日曜日以外の祝日も営業しており、
突然の出費が重なった時でもすぐに対応してもらえます。
申し込み自体も24時間365日受け付けています。

 

他にも、やりとりがスムーズだったという口コミも多いです。
入金までの時間は最短30分と謳っていますが、
実際に素早く入金されたという感想もあるなど、
対応の早さを評価する口コミも見られました。

給料ファクタリングの在籍確認が気になる!アットファクターではどのように行っている?

 

アットファクターに給料ファクタリングを申し込みたいと考えたとき、
在籍確認はあるのか、
どのように行われるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

 

在籍確認とは、申し込みを行った人が、
申し込み時に記載した職場に実際在籍しているかどうかを確認するものです。

 

クレジットカードを申し込んだときなどに行われるため、
知っている方もいるでしょう。

 

申し込み先から電話で会社あてに連絡がいくパターンがほとんどです。

 

この在籍確認は給料ファクタリングを申し込んだ際も、
審査の過程で行われることが多いでしょう。
そしてアットファクターにおいても行われています。

 

 

なお、電話で在籍確認を行われることに抵抗感のある方も少なくありません。
その大きな理由は「在籍確認によって申し込みしていることが
職場にバレてしまうのではないか」という点にあります。

 

申し込み先は、申し込んだ人のプライバシーは当然守ります。
そのため、在籍確認の電話をする際も、
自分の所属を名乗るようなことはしません
(社名を名乗ると申し込みがバレる可能性が高いからです)。

 

個人名で「○○さんはいらっしゃいますか?」と尋ねて本人の在籍を確認するので、
基本的には本人以外が電話に出ても、
バレる可能性は低いと言えます。

 

しかし、あまり個人から電話がかかってくるような職場でなければ、
目立たないとは言い切れません。
申し込んだ人にとっては非常に不安ですよね。

 

 

その点、アットファクターは電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるので安心です。

 

例えば、顔写真入りの会社の身分証や名刺などが確認できれば、
在籍確認がとれたとみなしてもらえます。

 

これなら、会社に連絡がいくことはないので、
バレる可能性も極めて低いと言えるでしょう。

 

このような柔軟な対応はアットファクターの特徴でもあり、
利用者から高い評価を得ている点でもあります。

 

会社にバレる可能性のある要素をできるだけ省きながら
給料ファクタリングを申し込みたいという方は、
アットファクターを検討してみてはいかがでしょうか。

給料ファクタリングのアットファクターの基本情報や手数料について

 

 

給料ファンタリングのサービスを行っているアットファクターを利用すれば、
給与債権を売ることでお金を借りることが出来ます。

 

自分の給料を受け取る権利をアットファクターに譲り、
給料日の前にお金を受け取る仕組みです。

 

一般的なキャッシングではお金を借りて利息を支払いますが、
給与ファクタリングでは手数料を支払うことになっています。

 

またローンではないので返済する必要もなく、
借金にはならないという特徴があります。

 

 

手数料は20%から40%の間で、企業側が決定します。
買い取り手数料の他に事務手数料などは発生しないので、
無駄な費用をかけずにお金が手に入るのです。

 

初回の買い取り金額は利用者の収入状況や経済状況などで異なり、
1万円から5万円程度になります。

 

給与を受け取る権利があれば、アルバイトやパート社員でも利用することが可能です。

 

 

アットファクターの魅力は、週6回も入金対応をしている点です。

 

平日と土曜日が営業日で、
急な資金調達が必要なときでもすぐに対応してくれます。
まとまったお金が欲しいときにも助けてくれるのです。

 

土曜日はもちろんのこと、
祝日でも日曜日ではなければ受け付けて貰えます。

 

 

ネット上で申し込みから契約をすることが出来るのも、
アットファクターならではです。

 

好きなときに申し込みをして、契約もウェブ上で完了します。

 

わざわざ出掛ける必要はなく、
自宅や外出先で契約出来るのは嬉しいポイントです。

 

アットファクターでは個人情報の保護にも力を入れていて、
不正利用などを防ぐログインシステムを採用しています。

 

誰かが不正アクセスして勝手にお金を借りたり、
個人情報を抜き取ったりする心配もありません。

 

利用するときの情報はきちんと守られるので、
安心感があります。

 

 

 

申し込むときには公式サイトにアクセスして、
必要事項の入力や書類の提出をします。

 

申し込むと審査に移り、
権利を買ってくれるのか判断します。

 

審査に通過すると費用の見積もりや内容の確認が行われて、
契約となる手順です。

 

 

 

審査時間が最短30分!給料ファクタリングならアットファクター

 

給料ファクタリングとは、利用者から業者が給料を買い取り、
その手数料を引いて現金を渡すシステムです。

 

利用者は、給料日に関係なくいつでも現金を受け取ることができるので、
突然の出費にも慌てなくて済みます。

 

給料ファクタリングを行う業者はいろいろありますが、
アットファクターは利用者数が1万人を超える会社です。

 

東京都にあるトータルインベストメント株式会社が運営し、
営業は月曜日から土曜日の9時から18時までです。

 

アットファクターの特徴は、
審査時間が最短で30分であること、
勤め先に借りたことがバレないこと、
また金融機関のブラックリストに載っていても利用できることです。

 

 

 

利用する際は、来店することもなくネットで手続きが終わります。
手続きは年中無休で土日の休日も可能です。

 

気になる手数料は20〜40%の間で、事務手数料などの請求はありません。
初回の利用金額は1万〜5万円になっており、
利用者の経済状況や資金の使いみちをよって決まります。

 

正社員として働いている人だけではなく、
派遣社員やアルバイト、
自営業の人でも利用することが可能です。

 

また、利用するにあたり在籍確認を行う必要がありますが、
アットファクターから希望する時間帯に勤め先へ電話する、
勤め先からアットファクターに電話する、
社員証や名刺を提出する、のうちいずれかの方法で行うことができます。

 

なお、在宅勤務の場合には、
電話以外の方法になります。

 

 

アットファクターでは契約が完了していれば、
当日18時までに現金が振り込まれます。

 

土曜日でも契約から入金までの対応が可能です。

 

アットファクターの申し込みに必要な書類は、
顔写真の付いた身分証明書、
直近2か月分の出し入れが記載された銀行通帳、
社名が入っている健康保険証になります。

 

手続きの流れとしてはまず、
ネット上で申し込みを済ませると担当者から電話があり、
勤め先や住所氏名、毎月の給与、
他社の利用歴などについて聞き取りが行われます。

 

次に、聞き取り内容と必要書類を元にして審査・在籍確認をします。
そして、審査に通るとネットのマイページで利用金額と契約書を確認できます。

給料ファクタリングが審査落ちになる要因及びファクタリング会社「アットファクター」の特徴を紹介

 

 

給料ファクタリングの審査に落ちてしまう要因は様々ありますが、
その一つに挙げられるのが虚偽の申告です。

 

給料ファクタリングを行っている会社は審査の際、
信頼性の高い情報機関を活用して調査を実施しているケースが多いと言えます。

 

そのため、仮に審査結果を良くしようと考えて虚偽の申告をしても、
ファクタリング会社は正確な情報を入手できる体制がきちんと整備されているので、
必ずバレてしまいます。

 

つまり虚偽の申告は、即審査落ちに繋がるので絶対にやめておくべきです。

 

また、資金集めに苦慮しているからといって、
債権の二重譲渡も決して行わないようにしましょう。

 

同じ債権を複数のファクタリング会社に売却する二重譲渡は禁止されています。
債権の二重譲渡に関しても、
きちんと調査すれば把握できるので
審査に落ちる可能性はとても高くなります。

 

他にも、審査落ちの要因となるのが、
利用する側の信頼性が欠如しているという事です。

 

利用者の中には債権を横領したりするなどの行為もある事から、
多くのファクタリング会社が契約の際に面談を行うようにしています。

 

審査では利用する側の信頼性や誠実さも重要なポイントとなってくるので、
契約時は真摯な姿勢で臨むのが良いでしょう。

 

 

 

アットファクターは、トータルインベストメント株式会社が運営している
給料ファクタリングを行う会社です。

 

土日の週末を含めて年中無休で対応してくれるので、
いつでも相談を受付や手続きなどができます。

 

また、手続きはネットで行えるため、
わざわざ来店する必要がなく忙しい方には最適な会社でしょう。

 

ネットの手続きも簡単にできるようになっているので気軽に利用が可能です。

 

アットファクターでは初回の買取金額は利用者の経済状況や
お金の用途などを判断材料にして決められており1~5万円の間となっています。

 

正社員の方はもちろん、
派遣社員やアルバイトといった方も利用できるのも特徴です。

 

その他にも、最短30分で査定してくれるので、
すぐにお金が必要だという方には便利なサービスと言えるでしょう。

給料ファクタリング会社として人気のアットファクターで追加借入することは可能か

 

給料ファクタリングを利用するときには申し込みをして審査を受け、
審査に合格することができたら契約をして
お金を振り込んでもらうという形になっています。

 

 

アットファクターでは二社間契約になっているので、
次の給料を受け取ったときに
アットファクターに買い取ってもらった分の金額を入金することで
取引が完了するというのが基本です。

 

 

この仕組みについて考えると、
例えば審査を申し込んだ時点では
10万円だけ借りられれば良いと思っていたけれど、
次の給料日までに実は20万円必要になってしまったというときに
どうしたら良いのかと悩みがちです。

 

このときに10万円分を追加で借入することはできるのでしょうか。

 

 

アットファクターでは申し込みから入金までの
一連のプロセスを業務フローとしているので、
10万円では足りなくなってしまったから
もう10万円入金して欲しいと
電話などで伝えても対応してもらうことはできません。

 

 

ただ、例えば月給が30万円ある人だったら
最初から20万円を入金して欲しいという形で
申し込んでいれば
審査を通っていた可能性が十分にあるでしょう。

 

 

アットファクターではこのような際に追加借入という形ではなく、
再契約によって追加で
入金をしてもらうことができる仕組みになっています。

 

 

手続きとしては最初に申し込んだのと
同じようにして申し込みのフォームに必要事項を入力して送信するだけです。

 

既に本人確認や給与額のチェック、
在籍確認などは終わっているので関係書類の提出は必要がなく、
審査自体も次の給料を受け取ったときに
きちんと入金できる金額の申請になっているかを調べる程度で
進められていきます。

 

その後、金額的に問題がないことがわかったら見積もりの連絡があり、
その内容を確認して大丈夫であれば再契約をするというのが流れです。

 

手続きが終わったら申し込んだ分を追加で振り込んでもらうことができます。

 

そして、給料を受け取ったら先に入金してもらった分と合わせて
入金して返すことになります。

 

アットファクターの給料ファクタリングにおける土日祝日の取り扱い

 

給料ファクタリングを利用したいときは平日に限定されるわけではなく、
土日祝日に使いたい場合もあります。

 

例えば、週末にショッピングに行きたいけれどお金が足りない、
祝日にけがをしてしまって
病院に来たけれど医療費を支払えないなどといったケースでは、
土日祝日でもすぐにお金を調達したいと思うでしょう。

 

給料ファクタリング会社として知られる
アットファクターでは土日祝日に対応しているのでしょうか。

 

土日祝日の対応については審査と
入金の二つに分けて考える必要があります。

 

給料ファクタリング会社によっては審査は受け付けているけれど、
入金には対応していないなどといった形で対応が異なることがあるからです。

 

 

アットファクターでは審査の申し込みについては土日祝日も受け付けています。
ただ、利用開始するためには身分証明書などを提出して確認をしてもらい、
審査を通過してログインするためのIDとパスワードを発行してもらわなければなりません。

 

しかし、アットファクターは日曜日が定休日になっているので、
日曜日には発行してもらうことができないので注意しましょう。

 

土曜日と祝日については対応しているので
営業時間である9時から18時の間に手続きをしてもらえれば
その日から取引を開始できます。

 

 

アットファクターでは二者間取引の給料ファクタリングをしているため、
お金を振り込んでもらうためにウェブ上から申請をしたら
短い時間で入金してもらうことが可能です。

 

 

最短30分の対応となっているのが魅力ではあるものの、
この対応はしてもらうには営業時間内でなければなりません。

 

審査と同じように入金の申し込みについてもウェブ上で24時間、
365日受け付けていますが、
入金の対応については
もし営業時間外だった場合には次の営業開始まで待たなければなりません。

 

 

土曜日や祝日であれば夜の申し込みでない限りは
その日のうちに対応してもらうことができるものの、
日曜日については月曜日の朝までは待たなければならないのです。

アットファクターの給料ファクタリングの流れ

 

今月どうしてもお金が足りない…
そんな悩みを抱えるとどうしても消費者金融に頼りがちですが、
消費者金融だと金利や信用情報などデメリットが生じがちです。

 

資金調達方法の1つとして
「給料ファクタリング」という方法が注目されています。

 

給料ファクタリングとは給料が
まだ入らない給料日前でもお金を借りることができます。

 

消費者金融とは異なり「給与債権」を担保にかけるため
消費者金融でよく聞く金利ではなく、
手数料を支払うのみでお金を借りることができます。

 

給与債権とは、会社員が会社から給料を受け取る権利です。

 

会社員に限らず、
仕事をしている方なら誰でも給料を受け取る権利があります。

 

給料ファクタリングは雇用形態にかかわらず利用ができるため、
アルバイトや派遣の方、
またパートで勤務している主婦の方でも利用が可能です。

 

さらに、信用情報が審査に影響しないことから、
信用情報がブラックの場合でも
利用が可能なのが給料ファクタリングのメリットです。

 

 

 

給料ファクタリングを行っている業者としてアットファクターが挙げられます。
給料ファクタリング業者の中では比較的新しい業者ですが、
対応の早さが注目されています。

 

例えば、給料ファクタリングの契約では給与履歴の確認が必要になりますが、
その際3ヵ月から4ヵ月分の給与履歴を提出するのが一般的です。

 

それに対して、アットファクターでは2か月分の給与履歴があれば利用できます。

 

また、アットファクターでは
契約書をファックスで送信したり電話で確認したりといったことがなく、
すべてオンラインで手続きが可能です。

 

このオンラインでの契約サービスはアットファクター独自のサービスと言えるでしょう。

 

なお、利用する際には20%から40%の手数料が必要になります。

 

 

 

 

アットファクターの審査の流れは、
まず公式サイトから申し込みを行い、必要書類の提出をします。

 

次に、記載された情報や提出した
必要書類の内容を元に貸し出しが可能か審査が行われます。

 

そして、審査に通過すれば費用の見積もりや内容の確認が行われ、
契約することができます。

 

契約から振込まで営業時間内であれば
即日対応しているので急な資金調達にも便利です。