給料ファクタリングは個人の給料を債権扱いにしてお金を借りる仕組み

 

急にお金が必要になった場合、
まず思い浮かぶのが銀行や貸金業者からの融資です。

 

しかし、申し込んでから審査を受け、
実際に融資を受けるまでに長い時間がかかってしまいます。

 

そのため、急いでお金を用意する方法としては不向きと言えるでしょう。
その点、給料ファクタリングなら多くの場合において
即日での現金化が可能なので非常に便利です。

 

給料ファクタリングは個人が受け取る給料を債権扱いにしてお金を借りる行為を意味します。本来のファクタリングが事業者による債権の現金化であるのに対し、
給料ファクタリングは勤め先から支払われる給料が債権と見なされます。

 

第三者による前借りという形なので、
法律で決められた貸金業務には当てはまりません。

 

そのため、複数の借り入れがある人でも給料ファクタリングを利用することができます。
また、給料の額面を超える金額を借りることはできないので使い過ぎの心配がありません。
給料ファクタリングは計画的な利用に最適と言えます。

 

 

 

給料ファクタリングを利用するためには
自身に安定した収入があることが重要な条件になります。

 

支払われる予定の給料を債権として扱うので、
基本的に正社員の方が信頼されると言えるでしょう。

 

パート勤務でも通年雇用であれば利用するのに何の支障もありませんが、
日雇いのように毎月の収入が不安定な人は安易に利用できません。

 

当月の給料が支払われることを見越してお金を借りることも不可能ではありませんが、
過去の収入と照らし合わせて利用の可否が判断される点は
一般的な貸金業者とほぼ同じです。

 

給料ファクタリングを利用するならまずは
自身の収入を安定させることに努める必要があると言えるでしょう。

 

勤め先とは無関係な個人による給料の前借りという形を取っているため、
まれに膨大な金額の手数料を要求する悪質な業者も存在します。

 

給料の額面を超える金額を請求される可能性があるので、
給料ファクタリングを利用する際は事前の情報収集を入念に行い、
信頼できる所を選ぶのがトラブルを避ける必須条件です。

審査の甘い給料ファクタリング業者を見極めるポイント

 

金融機関からお金を借りるためには、
厳格な審査に通る必要があるうえに、
時間がかかるため、
なるべく早くお金が必要な場合にはあまり適していません。

 

また、人によっては、信用情報に問題があったりして、
金融機関を利用できない場合もあるでしょう。

 

そのような場合に利用できるのがファクタリングです。

 

ファクタリングというのは、
将来的に弁済される債権を先にファクタリング会社に譲渡する対価として
お金を受け取れる仕組みのことで、
給料の前払いに近いイメージです。

 

例えば、来月分の給料が30万円だとすると、
今月にその権利を渡して25万円を受け取るといったことが行えるのです。

 

 

 

給料ファクタリングを利用することには、いくつかのメリットがあります。

 

最大のメリットは、金融機関よりも審査が甘いため、
信用情報に問題がある人でも利用可能な場合が多いという点です。

 

消費者金融も使えないという場合でも、
ファクタリングであれば利用できるケースがあるため、
どうしてもお金が必要という方は、一度検討してみると良いでしょう。

 

 

また、二つ目のメリットは、必要書類が少なく、
スピーディーにお金を受け取れるという点です。

 

ファクタリングを利用するのに必要な書類は、
写真付きの身分証明書、社会保険証、給与明細の3つである場合が多いのですが、
ファクタリング会社によってはこれらの一部の書類だけで利用できるところもあります。

 

 

ただし、すべての書類がそろっていない場合は、
さすがに対応してくれるところはあまりないので、
なるべくすべて揃えておいた方が利用可能なファクタリング会社の選択肢は広まります。

 

なお、何度も同じファクタリング会社を利用していると、
リピーターとみなされてさらに利用しやすくなることもあるため、
複数ではなく同じ会社を使い続けた方が良いかもしれません。

与信審査に落ちる場合には給料ファクタリング会社を利用してみよう

しかしながら、金融機関からお金を借りるためには、
厳格な審査に通る必要があるうえに、
時間がかかるため、なるべく早くお金が必要な場合にはあまり適していません。

 

 

また、人によっては、信用情報に問題があったりして、
金融機関を利用できない場合もあるでしょう。

 

そのような場合に利用できるのがファクタリングです。

 

ファクタリングというのは、将来的に弁済される債権を先に
ファクタリング会社に譲渡する対価としてお金を受け取れる仕組みのことで、
給料の前払いに近いイメージです。

 

例えば、来月分の給料が30万円だとすると、
今月にその権利を渡して25万円を受け取るといったことが行えるのです。

 

 

 

給料ファクタリングを利用することには、いくつかのメリットがあります。
中でも最大のメリットは、金融機関よりも審査が甘いため、
信用情報に問題がある人でも利用可能な場合が多いという点です。

 

消費者金融も使えないという場合でも、
ファクタリングであれば利用できるケースがあるため、
どうしてもお金が必要という方は、一度検討してみると良いでしょう。

 

また、二つ目のメリットは、必要書類が少なく、
スピーディーにお金を受け取れるという点です。

 

ファクタリングを利用するのに必要な書類は、写真付きの身分証明書、
社会保険証、給与明細の3つである場合が多いのですが、
ファクタリング会社によってはこれらの一部の書類だけで利用できるところもあります。

 

ただし、すべての書類がそろっていない場合は、
さすがに対応してくれるところはあまりないので、
なるべくすべて揃えておいた方が利用可能なファクタリング会社の選択肢は広まります。

 

なお、何度も同じファクタリング会社を利用していると、
リピーターとみなされてさらに利用しやすくなることもあるため、
複数ではなく同じ会社を使い続けた方が良いかもしれません。