今月お金がピンチ!給料ファクタリングはバイトでも借入出来るの?

 

給料ファクタリングは即日決済で働いた分の給与を前借りする形でお金を借りられる、
便利なシステムです。

 

必須条件は「20歳以上」と「3カ月以上働いていること」の2点なので、
アルバイトでも申し込みができます。

 

ただし、もともとは会社員が給料を前借りする「給与債権」の仕組みのため、
通常のローンと同じく審査があります。

 

アルバイトの場合、安定した収入を得ている人に比べると当然審査は厳しくなります。

 

例えば、会社員だと給与が支払われている通帳や免許証、
社名入りの社会保険証など3つの申請書類があれば大丈夫ですが、
アルバイトの場合は通常より多めの証明が求められることが少なくありません。

 

免許証やパスポートなどの顔がわかる証明書に加え、
預金通帳のコピー、公共料金の領収書、住民票などが必要になります。

 

これは、信用が低いアルバイトの場合は仕方ありません。

 

 

また、アルバイトの場合ポイントになるのが、業者の選び方です。
業者によって審査の基準に差があるので、
選び方を間違えるとあっさり落ちてしまうこともあります。

 

そのため、事前に調べて「アルバイトOK」をうたっている業者を選ぶことがオススメです。

 

その中でも、学生でもアルバイト歴がある程度あればOKや
社会保険に入っていれば受け入れ可などさまざまな特徴があるので、
自分に合ったものを選ぶことが大事です。

 

さらに、女性には、信用力が低めの女性専用のマッチングサイトもあります。

 

 

給料ファクタリングの一番のメリットは、なんといっても審査が甘いことです。
非正規では手取りの5割ほどが上限と金額は低めになりますが、
急な出費が増えてどうしてもお金が入り用な時はとても便利です。

 

ただ、手数料の年率が最大20%とカードローンよりも高めなことなどデメリットもあります。
自分の生活が苦しくならないよう必要最低限の金額で借りるようにし、
アルバイト代が入ったらきちんと返済するといったように上手に使うことが大切です。

 

今話題の給料ファクタリングって、主婦やパートでも借入できるの?

給料ファクタリングは、給料収入がある人が給与支払い分のお金を前借りできる制度です。

 

カードローンなどに比べて審査がやさしいとは言っても、
お金を借りるのである程度の信用力は必要です。
そのため、もともと働いていない主婦や安定して雇用されていない
パートでは使えないのではと思ってしまいますよね。

 

けれど、主婦やパートでもきちんと条件を満たしていて、
正社員に限定していないサービス業者を選べば、
審査を無事に通過してお金を借りることができます。

 

 

専業主婦の場合の条件は、旦那さんが安定した収入を得ていることです。
配偶者の給料を担保にお金を借りるので、
もちろん本人の同意を得ることが必要になります。

 

主婦は配偶者の収入で暮らしているので、
家計は同じだなとみなしてもらえるのです。

 

提出書類は、自分の運転免許証と配偶者の社名が入った健康保険証に加えて、
配偶者の給料が振り込まれる銀行口座の通帳です。

 

配偶者の通帳も自分で管理しているので自由にできるという人もいるかもしれませんが、
後々の夫婦間トラブルを避けるためにも、
書類を提出するときに配偶者にきちんと同意をえておきましょう。

 

また、パートの場合は、2~3カ月以上同じ職場で働いていることが条件になります。
なぜなら、提出書類に2カ月分の給料が振り込まれた通帳の提示が求められるからです。

 

これはきちんと会社から給料を得ていることを確認するだけでなく、
上限金額を設定する目安にもなるのです。

 

さらに、審査の通りやすさで言えば自分で社会保険に入っているとベスト。
社会保険はその勤務先で本当に働いているかの証明になるため、
国民健康保険よりも有利になります。

 

 

 

給料ファクタリングでは給料以上のお金は貸し出しされないので、
主婦やパートはどうしても上限金額が少なめになります。

 

ただ、今月出費が多くてどうしてもお金が入り用だという場合、
来月の給料を前借りできると本当に便利ですよね。

 

また、スムーズにお金を借りるためには、
「主婦やパートOK」をうたっているサービス業者を選ぶことがオススメ。

 

業者の中には、非正規OKの大手サービスサイトや
女性に特化したマッチングサイトもあるので、
まずはそこから利用してみると良いでしょう。

給料ファクタリングは派遣でも借入出来るのか?

 

給料ファクタリングは主に正社員などの
正規雇用者が利用しているサービスとして知られているのですが、
中には派遣などの非正規雇用の人でも
給料ファクタリングを利用したいと考えている人もいますよね。

 

一般的に給料ファクタリングはフリーターの方でも利用できるため、
派遣の人でも利用することは可能です。

 

ただ給料ファクタリング業者によっては、
派遣をはじめとしてパートやアルバイトなどの非正規雇用の人たちの利用を
受け入れていないケースも少なくありません。

 

これは給料ファクタリングというサービス自体が、
正規雇用の人たちを対象とした
給料買取サービスであることが理由だと考えられます。

 

このため、派遣などの非正規雇用の人たちが
給料ファクタリングを利用したい場合には、
非正規雇用の人たちの利用も受け入れている業者を選ぶ必要があるのです。

 

 

 

給料ファクタリングで借入したい際に正規雇用ではない派遣の場合では、
非正規雇用の人でも受け入れてくれる業者に申し込むことになります。

 

そこで、非正規雇用の中でも、
派遣は比較的給料ファクタリングを利用して借入をしやすい傾向があります。

 

なぜなら、社会保険に加入している場合が少なくないからです。

 

給料ファクタリングを申し込む際には保険証の提示が求められるのですが、
その時に社会保険の健康保険証であれば社名が入っていますよね。

 

それにより、どの会社に所属しているのかという社会的な信用を得ることができるので、
給料ファクタリングの審査を通過しやすくなります。

 

 

ただし、注意点として、派遣が社会保険に加入するためには
正規雇用の人と同じように働いていることが条件に挙げられています。

 

同じ派遣であっても短時間勤務では、
派遣会社によっては社会保険に加入できない場合もありますよね。

 

そのため、派遣で給料ファクタリングを利用して借入をしたいと考えている人は、
事前に派遣会社の社会保険に加入できるような働き方を実践しておくことがポイントです。