債務整理後に借入出来るのか不安なら給料ファクタリングを

"過去に金融機関から借金をして、返済できずに債務整理をするとブラックとして扱われます。ブラックとは個人信用情報機関に延滞、または債務整理をした履歴が記載されることです。債務整理をすれば少なくとも5年間、長ければ10年間は借り入れができません。そうした状態でどうしてもお金が必要になると借り入れをしなければいけませんが、ブラックである以上は貸してくれる会社は基本的にありません。ブラックで貸してくれる会社があるとすれば、それは健全な業者ではないと考えましょう。こうした業者に手を出してしまうと、法外な利息を請求されて生活はさらに苦しくなります。

 

そこで、役立つのが給料ファクタリングであり、消費者金融から借り入れできない人でも資金を調達できます。会社員として働いている以上、毎月給料が支給されるでしょう。この給与債権を売却してお金を受け取る仕組みであり、債権売却という観点から借金には該当しません。例えば、自宅にある不用品やマイカーを売却してお金を手に入れても、それはローンを利用したことにはならないでしょう。ファクタリングといえば中小企業が利用するサービスだと認識している方が多いですが、近年はサラリーマンなどの個人向けの商品が登場しています。ローンには該当しない以上、過去に債務整理や延滞をした人であっても契約に支障はありません。

 

消費者金融は金融機関の中で、最も借り入れするハードルが低いと言われています。大手消費者金融や街金融などから融資を受けられない状態で、家賃の支払いができない、光熱費を捻出できない、といった問題が発生すると大変です。そうした事態でも給料ファクタリングを活用すれば、素早く現金を調達できます。いわゆる給料の前借りに近いサービスですが、会社が前借り制度を用意していないケースがあるので、そういった場合に重宝するのです。利用に際しては手数料が発生するため、複数のファクタリング会社の手数料を比較して、最も低い会社に申し込みすると良いでしょう。"

借入で自己破産した後に給料ファクタリングは出来るのか

お金が不足しているのに急にまとまったお金が必要になった場合や生活費が足りなくて生活が成り立たなくなった場合など、様々なことを理由にして消費者金融に借入をする人は多くいます。計画的に借入し、返済していけば問題ありませんが、人によっては借入額が予想よりも多くなってしまい、返済できなくなる人も多いです。そのようなことに陥ると、任意整理や自己破産などといった債務整理を行い状況の改善を図ります。自己破産とは、裁判所から支払い能力がないと判断されて、財産を差し押さえられる一方で借入の返済義務をなくしてくれる処置です。これらの処置が行われると、返済する必要はありませんが、信用情報に傷がつきます。これをブラックリストに載ると表現しますが、ブラックリストに載ってしまうと以後数年間は新たに金融機関で借入することはできません。これが自己破産などの債務整理のデメリットです。

 

 

 

自己破産後には借入を新たにすることはできませんが、すべての金策が封じられてしまったというわけではありません。自己破産後にお金で困ってしまった場合にも利用できる手段が給料ファクタリングです。会社員をはじめ雇用関係を結んでいる人は、雇用者から仕事をする代わりに給料をもらうことができるという給与債権を持っています。この給与債権をファクタリング会社に譲ることによって、給料日前であってもお金を手に入れることができる方法が給料ファクタリングです。給料ファクタリングは、たとえ信用情報に傷がつき、ブラックリストに載っていたとしても利用することができます。

 

 

 

自己破産しているにもかかわらず、ファクタリングが利用できるのはあくまでも将来貰う予定の給料の早期買取りでしかないからです。しかし、どのようなファクタリング会社であっても、自己破産していない人と同様の審査で利用することができるというわけではありません。基本的な書類である本人確認書類と健康保険証、給与2か月分の履歴といったもの以外にも給与明細や公共料金の領収書、住民票に社員証などの書類を求められることがあります。

 

 

 

給料ファクタリングは個人再生をした人でも借入出来るの?

給料ファクタリングは借金ではないので、個人再生をしたことがある人でも利用ができます。個人再生をすると5年~10年間いわゆるブラックリストに載るので、金融機関から借入ができなくなります。銀行は10年間、消費者金融や信販会社は5年間利用できなくなる可能性が高いです。給料ファクタリングの場合は、金融機関からの借入ではないので審査の際に個人信用情報が閲覧されません。そのため、ブラックリストに載っている人でも給料ファクタリングを利用できます。

 

 

 

給料ファクタリングの流れですが、まずはファクタリング会社に申し込みをします。一定の審査があり、それに通過すると現金が振り込まれます。後日、利用者が給料を受け取ったらファクタリング会社に支払います。このように勤務先企業の同意が必要ない2社間取引が一般的ですので、勤務先企業にバレずに利用できます。借入ではなく「給料債権を譲渡する契約」となりますので、過去に個人再生をしていても基本的に影響しません。

 

 

 

ファクタリング会社は、利用者の給料債権の一部だけを買取します。初回利用者の場合、3万円~5万円程度が一般的です。ファクタリング会社によってはボーナスを対象にしていることもあり、その場合は高額の買取が可能となるでしょう。審査では安定した収入があるか・勤務先企業の信頼度などがポイントとなります。銀行通帳のコピーを提出しますが、怪しい入出金履歴がある場合には審査落ちの可能性が高くなります。給料ファクタリングのデメリットは、手数料が高額であることです。手数料の相場は20%~40%と言われています。貸付ではないので、利息制限法で定める金利の上限を超えても違法ではありません。利息制限法や貸金業法が適用されないことは利用者にとってはデメリットと言えます。金融ブラックの人でも利用できることはメリットですが、継続的に利用をすると損失が大きくなります。しっかりと計算をして、計画的に利用をするようにしてください。