ファクタリングを行う毎日給料日くんで給料を債権に現金調達

 

ファクタリングを行う毎日給料日くんは消費者金融ではなく、
融資を受けずに現金を調達することが出来ます。

 

一見するとお金が必要な側にとっては
都合が良すぎるシステムのように感じてしまいますが、
簡潔にいうと現金調達のために
給料債権を買取ってもらうことで成立するシステムとなっているのです。

 

元々給料は給料日にならなければ貰うことが出来ませんが、
まだ貰っていない給料を債権としてファクタリング毎日給料くんにより
必要なときに現金化することができます。

 

 

給料ファクタリングはあくまでも
債権の買取りという形であるため利息は発生しません。

 

一方で、もし自分が勤めている会社が倒産してしまうなど
給料が払えなくなった場合、
どうなってしまうのか気になりますよね。

 

勤務先から給料の支払いがなかったとしても、
給料を債権として買取っているので利用者に
それを支払う義務が発生することはありません。

 

 

 

給料ファクタリングでは、金融履歴や借入データなど
何らかの記録に残ってしまうということはないのか気になる人もいるでしょう。

 

あくまでも給料債権の買取りなので記録に残ることはなく、
また金融ブラックである人であっても利用することが可能です。

 

自分とファクタリング毎日給与くんだけのやり取りとなるため、
勤務先に知られることはなくまた勤務先に連絡がいくようなこともありません。

 

 

契約に必要なものは2か月分の給料の記録がある通帳、
顔写真がついている運転免許証などの身分証明書と社名入りの社会保険証です。

 

また、手続きは24時間申込みが可能で
15時までに手続きが完了した場合は即日入金も可能という早さです。

 

契約をする際には対面方式である場合が多いのですが、
オンラインを用いた電子契約書により完結することができます。

 

このようなことから安心して利用出来ると言えるでしょう。

給料ファクタリングを行う毎日給料日くんの安全性

 

給料日前でお金がないのに急にまとまったお金が必要なうえに、
過去に任意整理をしてしまったために
信用情報に傷がついてしまっているので
消費者金融からお金を借りることができないといった
悩みを抱える人もいるでしょう。

 

 

知人に頼ることも消費者金融から借りることもできない場合には、
諦めるのではなく給料ファクタリングという手段があります。

 

給料ファクタリングとは、企業などと雇用契約をして働いている人が持つ
給与債権を譲ることによって
お金を受け取ることができるサービスのことです。

 

利用者がすでに持っている権利を譲ることが条件なので、
消費者金融が行う借入とは異なります。

 

そのため、信用情報に傷がついていても利用することができるのです。

 

 

 

給与ファクタリングのサービスを行っている業者は数多くありますが、
そのひとつが「毎日給料日くん」です。

 

「毎日給料日くん」は株式会社さくらが平成26年5月から運営しており、
東京都の新宿に拠点を置いています。

 

正社員や一部の派遣社員などしか
利用することができない給与ファクタリング業者が多い中で、
アルバイトや個人事業主であっても利用できる点が特徴です。

 

初回利用金額は1万から10万までとなっています。

 

また、利用手数料は8%から25%で、これは業界最安水準です。

 

申し込みから最短で30分以内に審査が終わり
スピーディーに振り込みが行われるという点の他に、
土曜祝日も営業していることも特徴と言えます。

 

 

 

給料ファクタリングを行う「毎日給料日くん」には、
様々な利便性の高い特徴がありますが、
安全性はどうなのかといった疑問を持つ人も多いでしょう。

 

「毎日給料日くん」を運営している株式会社さくらは、
給料ファクタリングを行うために設立された会社ではありません。

 

もともとはメディア運営などを行っていた会社で
法人登記もしっかりなされているので、
安全性も確かです。

 

また、さくら共同法律事務所の顧問弁護士を付いて運営を行っているので、
厳しい督促などといった違法・悪質な対応をすることもなく
安心して利用出来る会社と言えるでしょう。

給料ファクタリング会社、毎日給料日くんの口コミをチェック!

 

たくさんある給与ファクタリング会社の中でも、
毎日給料日くんは「良心的だ!」という声がかなりの数を占めています。
一つは対応が丁寧だという声。

 

それでいて迅速な対応というのが強みのようです。
資金調達を迫られる身からすると、
結構精神的に落ちてしまっていることもありますよね。

 

そんな時、金融関係の方の一言一言に疑心暗鬼になったり、
責められているわけでもないのに情けない気持ちになったりすることがあります。

 

 

焦っている分、不審に思われるんじゃないかなど、
何かと自信を無くしてしまうのはそれほど珍しいことではありません。

 

毎日給料日くんの場合、
ホームページからの申し込みがとても簡潔で分かりやすく、
申し込み開始から振り込みまで3時間程度で済むという気軽さが支持されています。

 

このように、コンパクトで分かりやすく、
スピーディーな対応により資金繰りに困っている方にとって、
期限を迫られるストレスを軽減できるという意味でとても心強い味方になります。

 

 

 

毎日給料日くんを利用するメリットとして、
手数料が安いという点が挙げられます。

 

高いところで30%ほどの手数料を取っていたり、
手数料の内容があまりに不明瞭でありながら
高額であったりというファクタリング会社が存在する中で、
毎日給料日くんでは最高でも25%までとされていて、
審査内容によりますが利用者の負担にならないような配慮が感じられるようです。

 

 

また、気になる勤務先への在籍確認ですが、
丁寧な対応の問い合わせがされるということで、
勤務先の不信を買うようなリスクが低いのが嬉しいという声もあります。

 

毎日のように接する会社の仲間に、
個人的な経済状況を知られるのは辛いですよね。

 

ファクタリング会社の利用においては、
クレジットカードのように、
延滞などにより各金融機関が共有している
ブラックリストに載るといった信用情報に関わることがないため、
車や住宅などの購入などで制限を受けることもありません。

 

賢く利用することで一時的な金欠に悩むことなく、
資金調達が可能です。

毎日給料日くんで給料ファクタリングをするときの在籍確認

 

給料ファクタリングに申し込む時に悩みになりがちなのが在籍確認です。

 

給料ファクタリングは給料を払ってもらえる立場にある
従業員でなければ利用できないので、
業者としては申込書に記載されている会社で
本当に働いているのかを確認した上で
お金を振り込むという流れにするのが当然でしょう。

 

毎日給料日くんにおいても在籍確認は審査のプロセスの中に含まれています。
ただ、毎日給料日くんでは一般的な在籍確認の方法とは
異なっているので注意しましょう。

 

 

通常、金融機関からお金を借りる時や
給料ファクタリングに申し込んだ時には電話による在籍確認が行われます。

 

申し込みの時に勤務先の電話番号を書かなければならず、
審査の過程で業者がその電話番号に連絡する仕組みになっています。

 

そして、本人が電話に出たらそこで働いていると判断してもらえるのです。

 

出られなかった場合にも会社なら同僚や上司がいるので、
電話に出た人に申し込んだ本人が在籍しているかを確認するというのが一般的です。

 

このようにして在籍確認が行われてしまうと、
自分が出られなかったときには
他の人に給料ファクタリングを利用しているのが
知られてしまうのではないかと心配になりがちです。

 

 

しかし、毎日給料日くんでは会社への連絡はしないと明言しています。
これは在籍確認をしていないわけではなく、
別の方法で確かに在籍していることを確認しているのです。

 

毎日給料日くんでは申し込みのときに社名入りの社会保険証の提出を求めています。
具体的には健康保険証被保険者証を提示することが必要です。

 

健康保険証は在職中でなければ手元にないのが基本なので、
持っていることがわかれば在籍していることの証明になります。

 

このような形にすることで
利用者が職場への電話による
在籍確認を受けるのを懸念する必要がなくなるだけでなく、

 

毎日給料日くんとしても審査のプロセスを簡略化して
迅速に申し込みに対応できるようにしているのです。

給料ファクタリングを考える方は手数料の安い毎日給料日くんの利用を!

 

給料ファクタリングを利用することで、
借り入れを行うことなく、
生活資金を手に入れることが可能になります。

 

金融機関に借り入れの申し込みを行う際には、
審査のために担保や連帯保証人を立てないといけない場合も多いものです。

 

借り入れ時の審査に要する時間も、
一週間以上と長めになっている場合が多く、
急な資金需要には対応できないケースも少なくありません。

 

ファクタリングの利用時には、
最短で即日での入金を実現させることができます。

 

毎日給料日くんを利用することにより、
給料日を待つことなく、
すぐに必要な金額を口座に振り込ませることができるのです。

 

 

 

毎日給料日くんの利用は、すべてネット上で完結させることが可能です。
仕事が忙しい方などは、
時間を作って店舗に伺うのが難しいものですが、
サイト上からの申請ですから、
通勤途中や職場での昼休みなどの
空き時間を利用して申し込みを行えるので便利です。

 

ファクタリングを利用すれば、
例えば口座残高が少なくなったと感じたタイミングで、
早めに給料をもらえます。

 

給料のファクタリングというと、
高額な手数料を取られるのではと懸念する方もいることでしょう。

 

毎日給料日くんでは、
少ない手数料で給料のファクタリングを行っています。

 

利用に際しては、正社員の方だけではなく、
アルバイトやパートの方でも問題なく、
安定した収入さえあれば、
誰でも利用が可能となっています。

 

 

 

生活状況や景気動向により、
日々の生活資金を借り入れする方が増えています。

 

キャッシングを繰り返してしまうと、
多重債務の状態になったり、
借り入れ先への返済が滞ったりといった、
金融事故の状態に陥ることもあるものです。

 

そうなった場合、急な資金需要が生じたとしても、
過去の事故歴により、
借り入れができなくなってしまうのです。

 

給料ファクタリングであれば、
金融事故の経験がある方でも、
問題なく資金を手に入れられます。

 

申請にあたっても、
身分証明と給与明細だけという手軽さです。

毎日給料日くんで給料ファクタリングを申し込むとどのくらいの審査時間がかかるのか

 

 

給料ファクタリングは
申し込んでから審査が行われる仕組みになっていて、
その審査の結果として利用できるという通知を受けられると
給料額に見合った金額のお金を調達できるようになります。

 

すぐにでも資金調達が必要なときには申し込んでから
どのくらいの審査時間がかかるのかが切実な問題になるでしょう。

 

 

毎日給料日くんは審査が早いことで
定評がある給料ファクタリング業者ですが、
申し込んでから審査結果がわかるまでには
どの程度の時間が必要なのでしょうか。

 

毎日給料日くんでは審査の申し込みをしてから
結果が得られて連絡があるまで
最短で30分と明示しています。

 

ただ、この最短というのがどういう意味なのかは
理解しておく必要があります。

 

 

 

毎日給料日くんは24時間営業をしているわけではないので
申し込みのタイミングによってかなり違いが生じる可能性があります。

 

申し込みについてはオフィシャルサイトから24時間受け付けていますが、
毎日給料日くんは9時から18時までしか営業していません。

 

例えば、
オフィシャルサイトから19時に申し込みをしたという場合には、
営業していないので審査をすることはできず、
翌朝からの対応になるので30分では審査結果を通知できないのです。

 

また、朝9時に申し込んだ場合にも
前日の営業時間終了後に申し込んだ人たちが大勢いることが多く、
30分では全ての審査を処理しきるのは難しいでしょう。

 

 

このため、基本的には30分ほどの審査時間で
対応できる仕組みができているものの、
タイミングによって時間がかかってしまうということを伝えるために
最短30分と示しているのが実態です。

 

どのくらいの審査時間がかかるかは
申し込んでみないとわかりませんが、

 

もしいつまで経っても通知がないなら
自分から毎日給料日くんに問い合わせをしてみましょう。

 

提出した書類の不備などで
審査が止まってしまっている可能性もあるため、
心配なときには問い合わせてみた方が
スムーズに審査が進んでいきます。

給料ファクタリングの毎日給料日くんで審査落ちする原因

 

急なお金の用立てが必要になったけれど、
手持ちに余裕がないという場合に
最適となるのが給料ファクタリングです。

 

給料ファクタリングとは、会社から給料を貰う権利を譲渡して、
業者にお金を融資してもらう金融システムのことを言います。

 

消費者金融のように業者からお金を貸してもらうのではなく、
自分の給料を支給日よりも早く手にする形になるため、
返済の必要がありません。

 

数ある業者の中でも利用者が増加しているのが毎日給料日くんです。

 

こちらの会社は融資に伴う手数料の安さや、
雇用形態を問わない幅広い融資対象などで人気となっています。

 

 

 

給料ファクタリングの毎日給料日くんは、
契約に必要な審査のハードルが低めに設定されている点も
人気の理由に挙げられます。

 

しかし、いくら審査基準が低いと言っても
申請をすれば誰でも通るわけではありません。

 

毎日給料日くんの審査に落とされてしまう理由の中でも、
比較的多いのが書類の不備です。

 

 

こちらの会社では、審査をするに当たって写真付きの本人確認書類、
直近2ヶ月の給料明細のコピー、社会保険証の提出が必須となっています。

 

 

他の条件を満たしていても、
これらの書類が一つでも未提出となっていると審査に通らなくなるので、
忘れずに準備しておかなくてはいけません。

 

 

書類の提出と並んで見落としがちなポイントに在籍確認があります。

 

在籍確認とは文字通り申し込みをする時に記載した
勤務先に勤めていることを確認するための作業です。

 

連絡は個人名などで行われるので
勤務先の同僚にファクタリングを利用することを知られる心配はありません。

 

しかし、業者が電話をした時に繋がれなければ確認不可と
判断されて落とされてしまいます。

 

土日など会社が休みの日に申し込みをする場合は、
自身が会社に出勤をして電話に出る、
審査を受ける前に相談をするなどの対策が必要です。

 

その他、会社の経営状態が審査に影響を及ぼすケースもあります。
創業したてで実績が十分でない会社や、
経営難に陥っている会社に勤務している人は注意が必要です。"

追加借入も可能な「毎日給料日くん」の給料ファクタリングの特徴などを紹介

 

 

給料ファクタリングとは、
個人が得ている毎月の給料を債権と見立て、
その給与債権を買取ってもらう資金調達の手法です。

 

 

例えば、給料日前でも給料ファクタリングを利用すれば、
給料相当のお金を手に入れる事が可能となります。

 

正社員だけでなくパートやアルバイトなど
雇用形態に関係なく利用できるという特徴があります。

 

また、融資という形ではないため、
担保や保証人を用意する必要がない点も、
給料ファクタリングの特徴と言えます。

 

 

現在では給料ファクタリングを行っている企業は数多くありますが、
その中で安心して利用できると評判なのが「毎日給料日くん」です。

 

毎日給料日くんでは、原則即日で入金の手続きを行ってくれるので、
急ぎである程度の現金が必要だという方には便利なサービスとなっています。

 

入金スピードは業界の中でも速い部類に入っており、
遅くても翌日までには入金されます。

 

公式のWEBサイトでは最短30分で審査と記載されているので、
上手く行けばスピーディに資金調達してもらえる事も期待できます。

 

 

毎日給料日くんでは申し込みが増加して対応が大変になってきた事から、
管理をしやすいよう手数料は一律となっています。

 

ちなみに、手数料は1万5千円で、
初回利用金額については基本的に3万円程度となり、
そこから手数料が引かれるので、
手元に渡るお金は1万5千円程度です。

 

そのため、少しの金額でも資金調達したい方には便利ですが、
多額のお金を必要としている方には少し向いていないサービスと言えるでしょう。

 

 

しかし、毎日給料日くんの給与ファクタリングの場合、
初回の利用金額は3万円となるケースが多いですが、
再契約を行えば追加で借入れする事も可能です。

 

どれだけ借入れが増えても手数料はそのままなので、
大きなお金になるほどお得に感じられると言えます。

 

スタッフの電話対応は親切丁寧で信頼できると評判にで、
なおかつ顧問弁護士も付いているので
安心して給与ファクタリングが利用できるでしょう。

給料ファクタリングの毎日給料日くんでは土日祝日にも対応してもらえるのか

 

資金調達をしたいというタイミングは平日に限らず、
週末の土日にかかってしまうこともあります。

 

祝日に突然現金が必要になってしまってこまったというときにも
給料ファクタリングですぐにお金を調達できれば良いと思うでしょう。

 

毎日給料日くんは給料ファクタリングとして
即日対応をしていることからよく注目されていますが、
土日祝日にも対応しているのでしょうか。

 

給料ファクタリングの対応については申し込みの受付と審査、
入金の三つについて考える必要があります。

 

 

 

毎日給料日くんでは給料ファクタリングの申し込みは365日、
24時間行えるようになっています。

 

オフィシャルサイトのウェブフォームに入力するだけで
簡単に申し込み手続きをすることが可能です。

 

ただ、毎日給料日くんの営業日は日曜日を除く平日と土曜日、祝日になっています。

 

そのため、日曜日に申し込んでもその日のうちに審査をしてもらうことはできません。
翌日の取り扱いになるので最短で月曜日からお金を調達できるようになるのです。

 

ただし、土曜日と祝日については営業日なので、
申し込んだらその日のうちに
審査をして結果を通知してもらえる可能性があります。

 

 

毎日給料日くんでは審査を通過してしまっていれば
ログインして申請することにより必要なお金を入金してもらえます。

 

ただ、入金作業についても
毎日給料日くんが営業日でなければ対応してもらうことはできません。

 

そのため、営業日である平日と土曜日、祝日については入金してもらえるものの、
日曜日については翌日の対応になってしまいます。

 

連休であっても祝日には対応してもらえるので、
最長で一日我慢すれば資金を調達できると考えておくと良いでしょう。

 

また、営業時間についても平日に比べて土曜日と祝日が短いわけではありません。

 

9時から18時の営業というのは平日も土曜日と祝日も同じになっています。
週末にお金が必要という場合には土曜日の18時までに入金をしてもらいましょう。

給料ファクタリングの「毎日給料日くん」を利用する流れ

 

「毎日給料くん」は給料ファクタリングを提供する会社で、
手数料を一律1万5千円に設定しているのが特徴です。

 

一方、他の会社ではパーセンテージ表示されるのが一般的です。
「毎日給料くん」では少額取引も同額なので、
パーセンテージ表示では相当高めの設定になるケースもあります。

 

ただし、追加で現金化できる額を増やしても、
手数料は一律のまま変わりません。

 

それ故、給料ファクタリングを
長期で利用する際にはメリットが大きいと言えます。

 

当サービスを利用する流れとしては、
必要書類を揃えた上でヒアリングを受けます。

 

その後、利用者の会社に在籍確認の電話が入ります。
確認が取れれば、1時間以内に審査が完了します。

 

 

「毎日給料くん」は入金までの速さも魅力で、
最短で即日入金が可能です。

 

対応エリアは全国に及んでおり、
来店する必要が無いのもメリットです。

 

正社員は勿論、パートやアルバイトでも当サービスを利用できます。

 

また、給料ファクタリングは債権の買取サービスなので、
金融機関の審査に通らない人でも利用可能です。

 

極端な例でいえば、
ブラックリストに載っている人でも大丈夫ということです。

 

基本的に仕事をして収入があれば、
誰でも給料ファクタリングが使えます。

 

専業主婦の場合は、夫に仕事があれば問題ありません。
そもそも当サービスは融資ではないので、
保証人や担保も一切必要としません。

 

 

給料ファクタリングを利用する際には、
入金までの速さも大事なポイントです。

 

「毎日給料くん」では即日入金が可能なので、
土日祝日の急な必要にも対応できます。

 

公式ホームページには、
最短で30分の入金が可能と記されています。

 

審査によっては翌日入金になることもありますが、
同サービスの入金スピードは業界内でもトップクラスだと言えます。

 

なお、初回での利用金額は、
基本的に3万円程度となっています。

 

手数料は一律1万5千円なので、
手元に残る金額は1万5千円ほどになります。
それ故、同サービスは少額でも緊急の必要がある利用者に向いています。